遺伝子の文明

François Gros [著] ; 原田宏, 佐々木和生 共訳

遺伝子が開く新しい文明とは。本書は、分子生物学の歴史、バイオテクノロジーの革命を明快に説き、遺伝子文明の出現に伴う政治、法律および道徳上の問題を提起する。人類を含む生命体の維持・発展に役立つ技術が、他方ではその存続を危うくする可能性を秘めているのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 分子生物学
  • 2章 バイオテクノロジーの革命
  • 3章 遺伝病と倫理の問題
  • 4章 地球生物学をめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺伝子の文明
著作者等 Gros, François
佐々木 和生
原田 宏
Gros Francois
グロ フランソワ
書名ヨミ イデンシ ノ ブンメイ
書名別名 La civilisation du gène
シリーズ名 Questions de science
出版元 丸善
刊行年月 1993.3
ページ数 142p
大きさ 20cm
ISBN 4621038176
NCID BN09012966
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93028649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想