生命の科学

相見霊三, 小宮正文 編

本書では、その発展とともに多様化してきている生命科学を、既存の概念に囚われることなく、いろいろな視点から概観した。地球上に生命なるものが生まれどのようにして進化してきたのか、わたしたちが見ている生物はどんな構造・組成をもちどんな仕組で生命現象を営んでいるのか、などの本質的問題はもちろんのこと、人間と環境、心とからだ、人間の生と死、など人間に関わるきわめて重要な題材をも、とりあげてある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 生命の起源、進化
  • 2章 生体の構成と機能
  • 3章 遺伝子と生命現象
  • 4章 生体の維持
  • 5章 生体の防衛
  • 6章 感覚と行動
  • 7章 生体のリズム
  • 8章 環境と生存
  • 9章 心と体
  • 10章 ヒトの一生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命の科学
著作者等 小宮 正文
相見 霊三
書名ヨミ セイメイ ノ カガク
書名別名 Seimei no kagaku
出版元 丸善
刊行年月 1993.3
ページ数 250p
大きさ 21cm
ISBN 4621038079
NCID BN09007820
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93031403
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想