私のベルリン巡り : 権力者どもの夢の跡

三宅悟 著

1989年11月、冷戦の象徴であったベルリンの壁が破れた。ポツダム会談が決定づけた、世界の戦後体制が崩れたのである。本書は、この現代史最大の事件を生んだ都市ベルリンに長く滞在する著者が、各地を逍遥しながら、フリードリヒ大王からヒットラー、ホーネカーに至る権力者たちの夢を想い、この都市が目撃した悲劇と高揚に満ちた数々の歴史的情景を綴り、今日の激変する姿を伝える、歴史と空間へのベルリン案内である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • エルベ以東
  • ポツダムの影
  • 国境の町ベルリン・シュパンダウ
  • ビスマルクの道、クーダム
  • 権力者どもの夢の跡
  • ベルリンの検問所
  • 1989年11月-ベルリンの壁が破れたとき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私のベルリン巡り : 権力者どもの夢の跡
著作者等 三宅 悟
書名ヨミ ワタクシ ノ ベルリン メグリ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.4
ページ数 278p
大きさ 18cm
ISBN 4121011279
NCID BN09004083
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93051910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想