生化学の夜明け : 醗酵の謎を追って

丸山工作 著

本書は解糖(醗酵)経路がどのようにして明らかにされたか、無味乾燥な化学式の背後にある数多くの研究者の栄光と挫折、生命の本質を追って寝食を忘れた努力の日々を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 傷ついたシュワン
  • 第2章 リービヒ対パスツール
  • 第3章 戦死したノーベル賞学者
  • 第4章 夢を追わない実直な人
  • 第5章 20年君臨した誤説
  • 第6章 筋収縮のエネルギー源
  • 第7章 コチマーゼの正体
  • 第8章 ポーランドの星
  • 第9章 幻のラクタシドーゲンを追って
  • 第10章 エムデン‐マイヤーホフ経路
  • 第11章 パスツール効果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生化学の夜明け : 醗酵の謎を追って
著作者等 丸山 工作
書名ヨミ セイカガク ノ ヨアケ
書名別名 Seikagaku no yoake
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.4
ページ数 209p
大きさ 18cm
ISBN 4121011252
NCID BN09003932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93052185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想