アメリゴ・ヴェスプッチ : 謎の航海者の軌跡

色摩力夫 著

アメリゴ・ヴェスプッチは、謎の航海者である。かれの評価は500年の歴史を通じて二転三転した。かれはコロンブスとそれに続く航海者達がアジアの一部と思いこんでいた未知の陸地が「新大陸」であるという事実に、合理的な推論で初めて気がついた人物である。本書は広くヴェスプッチ一族にも光を当て、かれの人物像を解明する。また古地図を時系列により分析し、かれの生きた時代を巨視的に検討し、アメリゴの生涯と全業績を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 航海者アメリゴ・ヴェスプッチ
  • 第2章 近代の予兆
  • 第3章 ヴェスプッチ家の人々
  • 第4章 アメリゴの航海
  • 第5章 その後のアメリゴ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリゴ・ヴェスプッチ : 謎の航海者の軌跡
著作者等 色摩 力夫
書名ヨミ アメリゴ ヴェスプッチ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.4
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 4121011260
NCID BN09003808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93051846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想