刑法の基礎 : 総論

前田雅英 著

法学教室で好評を博した「刑法の基礎」に、新たに書下ろしを加え、体系的にまとめた。"前田刑法学"の進展と到達点を、豊富な図表を駆使して分かりやすくビジュアルに解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 刑法解釈の基本原理(新しい刑法理論の流れ
  • 相対的応報刑論
  • 罪刑法定主義の変質)2 客観的構成要件要素(可罰的違法性とあおり罪
  • 不作為犯論の現状
  • 実行行為と不能犯
  • 実行行為と因果関係
  • 相当因果関係説
  • 因果関係の錯誤
  • 罪数)
  • 3 違法性と正当化(違法の相対性と可罰的違法性
  • 医療行為と被害者の同意
  • 正当防衛の相当性
  • 防衛の意思と急迫性
  • 原因において自由な行為と原因において違法な行為)
  • 4 責任非難の実質(責任能力論の動き
  • 故意論の新展開
  • 故意の種類-条件付故意
  • 具体的事実の錯誤
  • 過失の実行行為
  • 過失犯の結果回避可能性)
  • 5 共犯論の問題点(共犯の処罰根拠と要素従属性
  • 共犯に関する錯誤と行為共同説
  • 共謀共同正犯
  • 承継的共同正犯
  • 過失の共同正犯
  • 共犯の因果性
  • 不作為と共犯)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刑法の基礎 : 総論
著作者等 前田 雅英
書名ヨミ ケイホウ ノ キソ
書名別名 Keiho no kiso
出版元 有斐閣
刊行年月 1993.5
ページ数 402, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4641041253
NCID BN09001267
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93040139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想