シューマン黄昏のアリア

ミシェル・シュネデール 著 ; 千葉文夫 訳

聴く者を見知らぬ光景へと誘ってやまないシューマンの音楽-。狂気の影に深く覆われた最晩年の日々を緊迫感あふれるタッチで描き出し、ピアノ曲を中心にその音楽の秘密にせまる。フランス精神分析学者による感動的なシューマン論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • わたしたちはひとつの徴だ
  • もはや意味はなく
  • 苦痛もなく
  • わたしたちは在る
  • そしてほとんど失ってしまった
  • 言語を
  • 異国において

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シューマン黄昏のアリア
著作者等 Schneider, Michel
千葉 文夫
シュネデール ミシェル
書名ヨミ シューマン タソガレ ノ アリア
書名別名 La tombée du jour
出版元 筑摩書房
刊行年月 1993.3
ページ数 190, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4480872183
NCID BN08989128
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93036223
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想