高等小学校制度史研究

三羽光彦 著

[目次]

  • 序 本研究の課題と方法
  • 第1部 発足期高等小学校の制度と実態(高等小学校制度の成立と特徴
  • 学校体系上の諸問題-学習院の制度との比較を通して
  • 高等小学校の中等教育機能)
  • 第2部 高等小学校の大衆化と矛盾(高等小学校教育の拡大と大衆化
  • 高等小学校財政の問題-市町村義務教育費国庫負担法と高等小学校)
  • 第3部 高等小学校教育の変容と可能性(1926年改正の成立とその意義
  • 単置制高等小学校の実態と性格
  • 職業指導の導入と教科外活動の展開)
  • 結 戦後教育改革と高等小学校

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p3
  • はしがき / p1
  • 序 本研究の課題と方法 / p1
  • 第一節 課題と対象 / p1
  • 一 発足期高等小学校の制度と実態 / p1
  • 二 高等小学校の大衆化と矛盾 / p2
  • 三 高等小学校教育の変容と可能性 / p2
  • 四 義務教育後教育の大衆化の課題と可能性 / p3
  • 第二節 研究視角 / p4
  • 一 高等小学校制度の構造と発展 / p4
  • 二 制度と実態との関係 / p5
  • 三 学校制度と教育内容との関係 / p6
  • 四 戦前と戦後との関係 / p7
  • 第三節 先行研究の検討 / p8
  • 一 戦前の研究 / p8
  • 二 戦後の研究 / p10
  • 第四節 高等小学校制度史の時期区分 / p14
  • 一 高等小学校の概念 / p14
  • 二 高等小学校制度の時期区分 / p14
  • 三 高等小学校問題と新制中学校 / p17
  • 四 諸外国の高等小学校制度 / p18
  • 第一部 発足期高等小学校の制度と実態
  • 第一章 高等小学校制度の成立と特徴 / p23
  • 第一節 高等小学校制度の構想 / p23
  • 一 高等小学校制度の誕生 / p23
  • 二 森有礼の構想 / p24
  • 三 複線的制度と重層的制度 / p28
  • 第二節 高等小学校の配置と設置形態 / p32
  • 一 高等小学校の配置 / p32
  • 二 分教場 / p38
  • 三 併置制高等小学校 / p40
  • 第三節 授業料と生徒の階層 / p46
  • 一 授業料 / p46
  • 二 小学校上級課程児童の減少 / p49
  • 第二章 学校体系上の諸問題-学習院の制度との比較を通して- / p57
  • 第一節 学校体系上の特徴 / p58
  • 一 学齢と小学校の修業年限 / p58
  • 二 小学校と中学校との接続 / p61
  • 第二節 学習院の制度との比較 / p66
  • 一 単線型としての学習院 / p66
  • 二 学習院制度の変遷 / p67
  • 三 一八九〇年学習院学則の特徴 / p71
  • 第三章 高等小学校の中等教育機能 / p76
  • 第一節 高等小学校と中学校の実態上の関係 / p76
  • 一 中学校から高等小学校への転換 / p76
  • 二 高等小学校の「別科」 / p81
  • 第二節 高等小学校の英語教育 / p90
  • 一 高等小学校における英語の設置 / p90
  • 二 中学準備教育としての英語 / p95
  • 第三節 高等小学校卒業者の進路 / p103
  • 一 尋常中学校入学者の前学歴 / p104
  • 二 卒業後の進路と階層・地域性 / p111
  • 補節 「中学予備ノ小学校」と各種学校 / p116
  • 一 「中学予備ノ小学校」の実態 / p117
  • 二 各種学校の拡大 / p122
  • 三 各種学校の実態-三重県の「英語学館」の事例 / p125
  • 第二部 高等小学校の大衆化と矛盾
  • 第一章 高等小学校教育の拡大と大衆化 / p137
  • 第一節 第二次小学校令と高等小学校制度 / p137
  • 一 併置制高等小学校の規定 / p137
  • 二 高等小学校設置の基準 / p143
  • 第二節 高等小学校の教科課程の変化 / p152
  • 一 英語設置率の低下 / p152
  • 二 高等小学校の類別化 / p155
  • 三 実業科目の重視と英語の廃止 / p159
  • 第三節 義務教育六年制と三年制高等小学校 / p167
  • 一 義務教育延長と高等小学校制度 / p167
  • 二 三年制高等小学校 / p170
  • 第二章 高等小学校財政の問題-市町村義務教育費国庫負担法と高等小学校- / p176
  • 第一節 小学校費国庫負担の構想 / p176
  • 一 国庫負担の論理と小学校教育観 / p176
  • 二 諸政党の構想 / p178
  • 三 小学校教員官吏化構想と国庫負担 / p179
  • 第二節 市町村義務教育費国庫負担法の成立 / p184
  • 一 帝国議会における審議 / p184
  • 二 立憲政友会の高等小学校政策 / p187
  • 第三節 高等小学校の財政上の問題 / p191
  • 一 尋常高等小学校高等科教員の取り扱い / p191
  • 二 高等小学校財政の特徴と問題点 / p194
  • 第三部 高等小学校教育の変容と可能性
  • 第一章 一九二六年改正の成立とその意義 / p205
  • 第一節 一九二〇年代の高等小学校改革構想 / p206
  • 一 文政審議会以前の高等小学校改革論 / p206
  • 二 義務教育年限延長案と高等小学校改革論 / p207
  • 第二節 一九二六年改正の構想と背景 / p211
  • 一 岡田文相の高等小学校改革構想 / p211
  • 二 教育界の高等小学校改革構想 / p214
  • 第三節 一九二六年改正の成立 / p219
  • 一 一九二六年改正の成立過程 / p219
  • 二 一九二六年改正の意義 / p222
  • 第二章 単置制高等小学校の実態と性格 / p227
  • 第一節 高等小学校の単置化の動向-神戸市の事例- / p227
  • 第二節 単置制高等小学校の実態 / p235
  • 一 教科課程の実態 / p235
  • 二 専科教員および教科目担任制の実施 / p242
  • 第三節 単置制高等小学校の性格 / p248
  • 第三章 職業指導の導入と教科外活動の展開 / p254
  • 第一節 職業指導の導入とその背景 / p254
  • 一 高等小学校から戦後の中学校ヘ-職業指導の系譜 / p254
  • 二 高等小学校と職業指導 / p255
  • 三 高等小学校の単置化と職業指導 / p257
  • 四 職業指導の教科課程上の位置 / p258
  • 第二節 東京市における高等小学校職業指導 / p260
  • 一 「職業指導科」の特設 / p260
  • 二 教科内の職業指導 / p262
  • 三 教科外の職業指導 / p262
  • 第三節 神戸市における高等小学校職業指導 / p266
  • 一 教科課程のコース別編成 / p267
  • 二 職業指導観の特徴 / p268
  • 三 職業指導と実業科目の関連 / p270
  • 第四節 教科外教育の展開 / p272
  • 一 教科外教育展開の要因 / p272
  • 二 教科外教育の実態 / p275
  • 第五節 高等小学校教科課程の変容 / p279
  • 結 戦後教育改革と高等小学校 / p281
  • 第一節 高等小学校制度の発展と矛盾 / p281
  • 一 高等小学校の発展 / p281
  • 二 高等小学校問題と六・三・三制 / p283
  • 第二節 高等小学校から新制中学校へ / p286
  • 一 六・三・三制の意義 / p286
  • 二 新制中学校の性格 / p289
  • 資料「高等小学校教科目毎週教授時数ノ変遷」 / p293
  • あとがき / p297
  • 事項・人名索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 高等小学校制度史研究
著作者等 三羽 光彦
書名ヨミ コウトウ ショウガッコウ セイドシ ケンキュウ
出版元 法律文化社
刊行年月 1993.4
ページ数 298, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4589017156
NCID BN08988067
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93035889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想