商学原理

福田敬太郎 著

[目次]

  • 目次
  • 第1章 商の意義
  • 第1節 道理としての商 / p1
  • 補論I 生活哲学への志向 / p6
  • 補論II 商の原義について / p25
  • 第2節 現象としての商 / p56
  • 補論III アダムスミスの交易性向について / p71
  • 補論IV ピューリタン倫理的経済思想--リチャードバックスターの研究-- / p84
  • 補論V 原始配給論 / p128
  • 第3節 経営としての商 / p149
  • 第2章 商業の概念
  • 第1節 商業概念の多様性 / p159
  • 第2節 売買営業としての商業 / p162
  • 補論VI 有価証券の意義および種類 / p171
  • 補論VII 商業の架橋職能について / p180
  • 第3節 配給組織としての商業 / p205
  • 補論VIII 配給の意義 / p214
  • 補論IX 生産経営と配給経営との関係 / p226
  • 補論X 市場生産と価格危険 / p249
  • 第4節 取引企業としての商業 / p269
  • 補論XI 取引企業説の商業概念に関する増地博士の批評に対する返答 / p280
  • 第3章 商業の発展傾向
  • 第1節 商業の発生および発展 / p287
  • 第2節 商業介入傾向 / p299
  • 第3節 商業組織の職能別構成 / p312
  • 第4節 商業の依存関係 / p329
  • 補論XII 市場制序の理論 / p339
  • 補論XIII 市場の定義 / p346
  • 第4章 商学の任務
  • 第1節 商学の生起と発展 / p353
  • 補論XIV 日本におけるmarketing研究の前進 / p365
  • 第2節 商学の目的と範囲 / p385
  • 第3節 商学の研究方法 / p396
  • 事項索引 / p1
  • 人名索引 / p11

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 商学原理
著作者等 福田 敬太郎
書名ヨミ ショウガク ゲンリ
出版元 千倉書房
刊行年月 1966
ページ数 400p
大きさ 22cm
NCID BN08981090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66007556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想