身体と場所の記号論

日本記号学会 編

[目次]

  • 「曖昧」の記号論(音声によらない言語伝達の形式における曖昧さをめぐって-西アフリカ・モシ族の太鼓言葉を中心に
  • 「曖昧」の記号論-その論理と哲学)
  • 身体と場所の記号論(情報と場所-「ここではないどこか」をめぐって
  • 身体/テクスト/場
  • 『ツイン・ピークス』のトポグラフィー
  • 画家のアトリエ
  • ファイバーアートにおける身体性と場所性
  • 石の記憶-道具からノーションへ)
  • 生命のかたちとしての言葉
  • 「語り」のレトリック-「没個性的」語り手のアイデンティティーをめぐって
  • 選挙競争考-国会開設期にみる選挙のレトリック
  • 記号としての装飾-イスラム装飾とパースの記号論
  • 琉球処分図絵の記号論
  • 儀式の創造性-カトリックのミサと茶道における変更
  • 報告 「東アジアの記号学会」に出席して
  • 書評(この偉大なるホメオスタシス-篠田浩一郎著『ロラン・バルト-世界の解読』
  • 隠喩的なるものをめぐって あるいは、メタフォアとリアリティー-久米博著『隠喩論-思索と詩作のあいだ』
  • 意識と夫婦同姓-中村桃子著『婚姻改姓・夫婦同姓のおとし穴』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身体と場所の記号論
著作者等 日本記号学会
書名ヨミ シンタイ ト バショ ノ キゴウロン
シリーズ名 記号学研究 13
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1993.3
ページ数 254p
大きさ 21cm
ISBN 4486012399
NCID BN08980393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20393996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想