鎖国と開国

山口啓二 著

15世紀から幕末開港にいたる日本社会の歴史的展開を、地球的世界の激動のなかでとらえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 院内銀山の人たち
  • 1 「鎖国」-地球的世界の形成と近世日本の対応
  • 2 近世の武家政権と伝統的権威
  • 3 支配組織と再生産構造
  • 4 幕藩体制下の政治史
  • 5 思想と文化の特質と展開
  • 6 幕藩制社会の変質
  • 7 開国-近代日本への道程

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鎖国と開国
著作者等 山口 啓二
書名ヨミ サコク ト カイコク
書名別名 Sakoku to kaikoku
シリーズ名 日本歴史叢書
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.4
ページ数 318p
大きさ 19cm
ISBN 4000045334
NCID BN08978631
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93050293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想