日本思想史学の方法

家永三郎 著

古代仏教思想史から近・現代憲法思想史に到る日本思想史研究と倭絵研究をはじめとする日本文化史研究、さらに日本歴史を通史の視点で捉えることに多年取り組んで来た著者の史学方法論の書。この書に、著者積年の多岐にわたる歴史研究をささえた立場と方法とが凝集されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序編(家永史学の基本構想)
  • 本編(日本思想史学の課題
  • 思想史学の方法
  • 思想史学の立場
  • 文化史と文化遺産の問題
  • 「太平洋戦争」の歴史的認識について
  • 歴史認識における客観性と主体性
  • 服装史の根本問題)
  • 付編(戦後の歴史教育)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本思想史学の方法
著作者等 家永 三郎
書名ヨミ ニホン シソウ シガク ノ ホウホウ
書名別名 Nihon shiso shigaku no hoho
シリーズ名 歴史学叢書
出版元 名著刊行会
刊行年月 1993.3
ページ数 223p
大きさ 20cm
ISBN 4839002754
NCID BN08968649
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93038481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想