ヨーロッパ裁判制度の源流

小島 武司;渥美 東洋;川添 利幸;清水 睦;外間 寛【編】

本書は、この国際共同研究の第三年目の成果の一部である。その中心部分は、ギリシア、イタリア、および、イギリスの基調報告者がシンポジウムにおける口頭報告に先立って執筆された基調論文からなる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 司法のシステム(古代アテナイの民衆裁判とその現代的意義
  • イタリア裁判制度の史的展開と現在
  • イギリスの裁判制度と法創造)
  • 第2編 司法の将来(外国側報告
  • 日本側報告
  • 討論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ裁判制度の源流
著作者等 外間 寛
小島 武司
川添 利幸
清水 睦
渥美 東洋
書名ヨミ ヨ-ロツパサイバンセイドノゲンリユウ
シリーズ名 国際共同研究「裁判所の役割」 第3期
日本比較法研究所研究叢書 第3期
出版元 中央大学出版部
刊行年月 1993.4.10
ページ数 277p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4805705256
NCID BN08946180
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想