第二の産業分水嶺

マイケル・J.ピオリ, チャールズ・F.セーブル 著 ; 山之内靖 [ほか]訳

経済社会の成長と繁栄の可能性は大量生産システムの超克にある。この命題を、ミクロ・マクロ経済、産業政策、労使関係、技術革新等、多面的な国際比較分析を通して論証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 大量生産体制-宿命的かつ盲目的な選択
  • 第3章 巨大株式企業
  • 第4章 経済の安定化
  • 第5章 グローバルな視点・ミクロの視点
  • 第6章 保存された諸事例-アメリカ以外の諸国における大量生産体制とクラフト的生産体制
  • 第7章 大量生産体制の危機
  • 第8章 危機に対する企業の反応
  • 第9章 歴史、現実、および各国の戦略
  • 第10章 繁栄の条件-ケインズ主義の国際化と柔軟な専門化
  • 第11章 アメリカと柔軟な専門化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 第二の産業分水嶺
著作者等 Piore, Michael J
Piore, Michael J.
Sabel, Charles F
Sabel, Charles F.
山之内 靖
永易 浩一
石田 あつみ
セーブル チャールズ・F.
ピオリ マイケル・J.
書名ヨミ ダイニ ノ サンギョウ ブンスイレイ
書名別名 The second industrial divide

Daini no sangyo bunsuirei
出版元 筑摩書房
刊行年月 1993.3
ページ数 466, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4480856129
NCID BN08932925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93037276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想