人間はどこまで機械か : 脳と意識の生理学

J.Z.ヤング 著 ; 岡本彰祐 訳

[目次]

  • 目次
  • 訳者序言 / p1
  • はじめに / p3
  • 第一部 脳はどこまで機械か
  • 第一話 脳は「人間」を生んだ / p19
  • 第二話 脳の機械論 / p29
  • 第三話 人間という計算器 / p60
  • 第四話 確実さの成立 / p78
  • 第五話 言葉の進化 / p96
  • 第六話 科学のおいたち / p113
  • 第七話 生命の機械論を超えて / p138
  • 第八話 一生物学者の瞑想 / p158
  • 第二部 意識と生命
  • 第一講 サイバネティックスと生物学 / p181
  • 第二講 脳という名の機械 / p193
  • 第三講 大脳生理学の素描 / p206
  • 第四講 主観と客観 / p230
  • 第五講 生物学の進化 / p254
  • あとがき / p267
  • 参考文献 / p271
  • 索引 / p277

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人間はどこまで機械か : 脳と意識の生理学
著作者等 Young, J. Z.
Young, John Zachary
岡本 彰祐
J.Z.ヤング
書名ヨミ ニンゲン ワ ドコマデ キカイ カ : ノウ ト イシキ ノ セイリガク
書名別名 Ningen wa dokomade kikai ka
出版元 白揚社
刊行年月 1956
版表示 5版
ページ数 277p (図版共)
大きさ 19cm
NCID BN02839461
BN08926922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56002439
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想