英語の感覚  上

大津栄一郎 著

英米人と日本人とでは、物の見方や感覚そのものに根本的な違いがあるのではないか。著者はその視角から英語表現上の約束事を洗い直し、これまでやみくもに暗記・反復練習すべきものとされてきた文法事項や慣用表現の中に、実は納得しうる理屈や根拠が貫かれていることを明らかにする。英語らしい発想を身につけたい人にとって必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 見えるもの、見えないもの
  • 第2部 動かない自己、動く自己
  • 第3部 存在界のことか、非存在界のことか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語の感覚
著作者等 大津 栄一郎
書名ヨミ エイゴ ノ カンカク
シリーズ名 岩波新書
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.5
ページ数 208p
大きさ 18cm
ISBN 4004302781
NCID BN0892479X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93051079
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想