結婚が変わる、家族が変わる : 家族法・戸籍法大改正のすすめ

榊原富士子 ほか著

ライフスタイルの変化について行けなくなり、不備が目立つ家族法や戸籍法。これらをどのように変えていったらよいのか。家族や結婚や人間関係のことをどこか深く考えるきっかけになり、また、法改正をしようという元気の出る本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 家族が変わる
  • 第2部 家族法・戸籍法大改正のすすめ(家族法の主人公は個人
  • 結婚が変わる
  • 離婚が変わる
  • 子どものための親子法へ
  • 扶養・後見
  • 相続
  • お墓はだれでも継げるもの
  • 氏と戸籍
  • 税金・年金・住民票)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 結婚が変わる、家族が変わる : 家族法・戸籍法大改正のすすめ
著作者等 吉岡 睦子
榊原 富士子
福島 瑞穂
書名ヨミ ケッコン ガ カワル カゾク ガ カワル
シリーズ名 戸籍法
出版元 日本評論社
刊行年月 1993.4
版表示 第4刷
ページ数 261p
大きさ 19cm
ISBN 4535580855
NCID BA34847934
BN08915369
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93032520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想