姥捨の国 : 病院がなくなる日

斎藤磐根 著

病気になっても病院にかかれない。老人や病者を切り捨てる国家は果たして必要か?老父母の死を医療現場から見つめた書下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 猫
  • 第1章 事のはじまり(昨日今日とは…)
  • 第2章 爼上の鯉
  • 第3章 姥捨の国へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 姥捨の国 : 病院がなくなる日
著作者等 斎藤 磐根
書名ヨミ ウバステ ノ クニ
書名別名 Ubasute no kuni
シリーズ名 叢書死の文化 17
出版元 弘文堂
刊行年月 1993.3
ページ数 198p
大きさ 20cm
ISBN 4335550545
NCID BN08912972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93031443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想