言論の弾圧

双川喜文 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 言論の自由 / p1
  • 言論弾圧の歴史について / p7
  • 江戶時代 / p9
  • 一、徳川初期の出版政策 / p10
  • 二、山鹿素行事件 / p13
  • 三、読売の禁止 / p22
  • 四、本屋仲間の仲間吟味 / p26
  • 五、板木屋仲間と暦問屋 / p39
  • 六、切支丹禁書と昌平黌 / p42
  • 七、荷田在満の筆禍 / p46
  • 八、馬場文耕の裁判批判 / p48
  • 九、山県大貳事件 / p55
  • 十、寛政異学の禁 / p58
  • 十一、林子平の「三国通覧図説」 / p64
  • 十二、山東京伝の手鎖の刑 / p70
  • 十三、翻訳の禁止 / p75
  • 十四、シーボルトの獄 / p80
  • 十五、蛮社の獄 / p84
  • 十六、天保の改革 / p98
  • 十七、浮世絵の取締 / p105
  • 十八、歌舞伎の弾圧 / p113
  • 十九、浄瑠璃の禁止 / p123
  • 明治時代 / p128
  • 一、明治前期の言論 / p129
  • 二、成島柳北の「柳橋新誌」 / p138
  • 三、加藤弘之の「国体新論」 / p142
  • 四、福島事件と新潟の獄 / p144
  • 五、明治憲法下の言論 / p147
  • 六、社会民主党事件 / p151
  • 七、平民新聞の「共産党宣言」 / p154
  • 八、雑誌「光」事件 / p158
  • 九、日刊「平民新聞」 / p164
  • 十、不敬日記事件 / p166
  • 十一、裸体画事件 / p171
  • 十二、鷗外の「キタ・セクスアリス」 / p173
  • 大正時代 / p177
  • 一、憲政の擁護 / p178
  • 二、森戸事件 / p181
  • 三、普選運動の弾圧 / p187
  • 四、芥川龍之介の場合 / p191
  • 五、吉野作造博士の言論 / p194
  • 六、言論解放運動 / p197
  • 七、社会運動の取締 / p200
  • 昭和時代 / p204
  • 一、瀧川事件 / p205
  • 二、天皇機関説事件 / p209
  • 三、河合教授事件 / p213
  • 四、暴力による言論の弾圧 / p222
  • 五、戦争中の言論統制 / p225
  • 六、中野正剛の死 / p228
  • 七、占領軍の言論政策 / p232
  • 八、チャタレイ事件 / p236
  • 明白かつ現在の危険の法則 / p249
  • 言論の自由と公共の福祉 / p255
  • むすび / p262

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 言論の弾圧
著作者等 双川 喜文
双川喜
書名ヨミ ゲンロン ノ ダンアツ
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1959
ページ数 264p
大きさ 21cm
NCID BN08906550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59007153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想