演技する精神

山崎正和 著

アリストテレスの「芸術論」、世阿弥の「演技論」などを論じ、更に20世紀前半の知的関心および現代の意識理論のありうべき典型的な方向を代表する、ベルクソン、サルトル、メルロ=ポンティ等の業績を検討しながら、独創的な「演技」の概念によって新しい人間学と芸術学の体系化を試みる、画期的労作。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1章 演技とその常識(問ひと対象
  • 日常のなかの演技
  • 「鼎話」的表現構造
  • 古典のなかの演技観)
  • 第2章 演技と行動(行動の模倣
  • 行動の構造
  • 演技の構造と意味)
  • 第3章 演技と意識(意識のなかの意志と動機
  • 意識の「図」と「地」
  • 動く意識-ベルクソンの場合
  • 動かない意識-サルトルの場合
  • 動いて動かない意識-メルロ・ポンティの場合)
  • 第4章 演技と実存(演技とリズム
  • リズムと世界
  • リズミカルな実存)
  • 第5章 演技と表現(ふたつの自我の成立
  • 自己表現と様式
  • 演劇としての演技)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 第一章 演技とその常識 / p7
  • 一 問ひと対象 / p7
  • ニ 日常のなかの演技 / p14
  • 三 「鼎話」的表現構造 / p23
  • 四 古典のなかの演技観(1) / p28
  • 五 古典のなかの演技観(2) / p39
  • 第二章 演技と行動 / p55
  • 一 行動の模倣 / p55
  • 二 行動の構造(1)─意志 / p67
  • 三 行動の構造(2)─動機 / p80
  • 四 演技の構造と意味 / p93
  • 第三章 演技と意識 / p109
  • 一 意識のなかの意志と動機 / p109
  • 二 意識の「図」と「地」 / p118
  • 三 動く意識─ペルクソンの場合 / p127
  • 四 動かない意識─サルトルの場合 / p139
  • 五 動いて動かない意識─メルロ=ポンティの場合 / p150
  • 第四章 演技と実存 / p173
  • 一 演技とリズム / p173
  • ニ リズムと世界 / p189
  • 三 リズミカルな実存 / p206
  • 第五章 演技と表現 / p227
  • 一 ふたつの自我の成立 / p227
  • 二 自己表現と様式 / p244
  • 三 演劇としての演技 / p260
  • あとがき / p279

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 演技する精神
著作者等 山崎 正和
書名ヨミ エンギスル セイシン
書名別名 Yamazaki masakazu chosakushu
出版元 中央公論社
刊行年月 1982.10
ページ数 445p
大きさ 20cm
ISBN 4122015588
NCID BN00117863
BN00280467
BN08903836
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83026195
83005184
89004803
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想