コフート理論とその周辺

丸田俊彦 著

本書はH.Kohutの自己心理学とそれを取りまく諸理論に関する10年間の著者の研究の総括である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 コフート理論メモ(コフート入門
  • 『自己の分析』
  • 『自己の修復』
  • 『分析的治癒の機序』)
  • 第2部 コフートの自己心理学をめぐって(カーンバーグとコフート
  • 自己心理学の論客ストロロウ
  • 自己心理学は精神分析か
  • 乳幼児精神医学からの還元)
  • 症例(『スーパーマン・ボブ』
  • 境界例との境界
  • 巨人の肩の上)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コフート理論とその周辺
著作者等 丸田 俊彦
書名ヨミ コフート リロン ト ソノ シュウヘン
書名別名 自己心理学をめぐって

Kofuto riron to sono shuhen
出版元 岩崎学術出版社
刊行年月 1992.12
ページ数 220p
大きさ 22cm
ISBN 4753392104
NCID BN08898678
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93019995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想