資源配分の理論

大熊信行 著

[目次]

  • 目次
  • 序 / p1
  • 第一部 生活分析による経済の理解
  • 第一章 生活の時間過程と時間配分-生活の理論から経済の理論へ / p3
  • 第二章 カントにおける選択の理論-生活理論の基礎をなすもの / p23
  • 第二部 価値論の総合と古典分析
  • 第三章 価値論総合の試み-労働配分の原理-配分と分配の基本関係についての最初の考察 / p45
  • 第四章 配分学説史考-配分についての総合的な観念の確立のために / p65
  • 第五章 『資本論』における労働配分の法則-マルクスのロビンソン物語 / p100
  • 第六章 『諸国民の富』における労働配分の法則-スミス分業論の再吟味 / p138
  • 第三部 配分原理の拡充と人間関係
  • 第七章 国家政策としての総力配分 / p187
  • 第八章 人間力の概念と人間再生産 / p202
  • 第四部 若干の理論問題
  • 第九章 国家と経済の論理 / p229
  • 第十章 計画経済学と世界観-欧米版「マルクスのロビンソン物語」を迎えて / p260
  • 第十一章 政策理論の基本としての行為理論 / p289
  • 第十二章 マルクス経済学と近代経済学-両者の媒介としての資源配分の概念 / p343
  • 解説 / p367
  • あとがき / p393
  • 索引 / (巻末)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 資源配分の理論
著作者等 大熊 信行
書名ヨミ シゲン ハイブン ノ リロン
書名別名 Shigen haibun no riron
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1967
ページ数 396p
大きさ 22cm
NCID BN08893721
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67002016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想