ガリレイ

菅井準一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はじめに 科學の歴史によせて / 1
  • 一 生い立ちをながめて ガリレイが少青年のころ辿つた道は、その環境は、どんなものであつたか / 9
  • 二 ピサからパドヴァヘ、そしてパドヴァで ガリレイは封建的、中世的學問に抗して、どんな問題について、どのようにして、新しい近代科學の方法をうちたてたか / 31
  • 三 教會との戰い 望遠鏡の發明を發端とし、地動説をめぐつて、ガリレイはどう戰つたか / 77
  • 四 "E pur si muove" 教會との戰いでガリレイはいたましくも敗北したが、その裏には科學の勝利があつた。そしていまもなお勝利しつつある / 121
  • おわりに ガリレイと現代 / 141
  • 附録
  • 一 判決文 / 144
  • 二 ガリレイの誓言書 / 152

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ガリレイ
著作者等 菅井 準一
弘文堂
書名ヨミ ガリレイ
シリーズ名 科学史をつくる人々
出版元 弘文堂
刊行年月 1950
ページ数 154p 図版 地図
大きさ 19cm
NCID BN08878604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49012501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想