日本の雇用慣行の変化と法

秋田成就 編著

[目次]

  • 日本社会の構造変化と雇用慣行
  • 終身雇用制・年功賃金制の法的構造
  • 労働時間慣行と時間短縮
  • 雇用慣行と配置転換・出向-その論理と法理の変遷
  • 雇用構造の変化と社会保障法
  • 雇用慣行の変化と企業福祉
  • 企業の保健管理慣行と診療機関の指定-医師選択の自由の問題を中心として
  • 女子労働者をめぐる雇用慣行・雇用関係の変化-立法・判例・労働行政による継続就労阻害要因の排除
  • 非正規労働者の雇用関係(パートタイム労働者と法
  • 派遣労働者および契約社員の雇用と法的課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の雇用慣行の変化と法
著作者等 秋田 成就
書名ヨミ ニホン ノ コヨウ カンコウ ノ ヘンカ ト ホウ
シリーズ名 法政大学現代法研究所叢書 13
出版元 法政大学現代法研究所
刊行年月 1993.3
ページ数 261p
大きさ 22cm
ISBN 458863013X
NCID BN08872630
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93044760
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想