音楽祭の社会史 : ザルツブルク・フェスティヴァル

スティーヴン・ギャラップ 著 ; 城戸朋子, 小木曽俊夫 訳

あこがれのザルツブルク。その栄光の背景に、さらにはトスカニーニやフルトヴェングラー、<帝王>カラヤンらマエストロたちの葛藤と確執のうちに、時代と文化を読みとり、社会と民族を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フェスティヴァル構想の誕生
  • 第2章 初期-苦難の時代
  • 第3章 安定への模索
  • 第4章 大恐慌とヒトラーの野心
  • 第5章 トスカニーニの成功
  • 第6章 ナチスの侵略
  • 第7章 再出発
  • 第8章 フルトヴェングラーからカラヤンまで
  • 第9章 カラヤン帝国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽祭の社会史 : ザルツブルク・フェスティヴァル
著作者等 Gallup, Stephen
城戸 朋子
小木曽 俊夫
小木曾 俊夫
ギャラップ スティーヴン
書名ヨミ オンガクサイ ノ シャカイシ
書名別名 A history of the Salzburg festival

Ongakusai no shakaishi
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1993.3
ページ数 357, 35p
大きさ 20cm
ISBN 4588021419
NCID BN08871977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93037747
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想