石炭不況と地域社会の変容

徳本正彦, 依田精一 著

[目次]

  • 日次
  • 序説 石炭不況の背景 / p1
  • 一 石炭鉱業の歴史的性格 / p2
  • 二 合理化と「エネルギー革命」 / p12
  • 第一章 地域社会の構造変化 / p24
  • I 産業構造の変化 / p26
  • 一 構造変化の一般的特徴 / p26
  • 二 産業別構造変化の状況 / p31
  • II 人口の移動状況 / p46
  • 一 人口移動の一般的状況 / p46
  • 二 就職をめぐる人口移動の状況 / p50
  • 第二章 地方自治体の変容 / p53
  • I 地方自治体の財政的窮迫 / p53
  • 一 歳入に対する影響 / p54
  • 二 歳出に対する影響 / p61
  • II 地方自治体の再建計画 / p69
  • 一 直鞍地域における再建計画 / p69
  • 二 嘉飯山地域における再建計画 / p78
  • 三 田川地域における再建計画 / p82
  • III 地方自治体の圧力集団化 / p86
  • 一 『鉱業関係市町村連盟』の圧力集団化 / p86
  • 二 各地方自治体の圧力集団化 / p95
  • 第三章 地域共同社会の変容 / p106
  • I 炭住社会の変容 / p107
  • 一 炭住社会の性格 / p107
  • 二 大手炭住街の変容過程 / p109
  • 三 中小炭住部落の変容過程 / p112
  • II 失業者社会の成立 / p118
  • 一 失業対策の実効と限界 / p118
  • 二 失業者社会の成立 / p127
  • 第四章 炭鉱失業家族の崩壊 / p145
  • I 炭鉱失業家族の一般的性格 / p145
  • 一 炭鉱失業家族の特徴 / p146
  • 二 炭鉱失業家族の給源 / p150
  • II 炭鉱失業家族における家族構成の変化 / p158
  • 一 家族構成の変化 / p158
  • 二 家族構成の特徴 / p163
  • III 炭鉱失業家族における家族紐帯の崩壊 / p166
  • 一 炭鉱失業家族における家族意識の特徴 / p167
  • 二 生活保護家族 / p177
  • 第五章 地域住民の運動 / p191
  • I 地域住民の運動 / p193
  • 一 黒い羽根運動 / p193
  • 二 町づくり運動 / p199
  • II 地域労働者の運動 / p207
  • 一 合理化反対運動の転換 / p207
  • 二 失業反対運動 / p217
  • III 失業者の運動 / p224
  • 一 失業者の組織化 / p225
  • 二 現段階における運動 / p229
  • IV 社会主義政党と創価学会 / p241
  • 一 社会主義政党 / p241
  • 二 創価学会 / p248
  • むすび 炭鉱労働者と地域社会の危機 / p253
  • 一 筑豊スクラップ化計画 / p253
  • 二 石炭対策の動向 / p260
  • 三 展望と課題 / p271

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 石炭不況と地域社会の変容
著作者等 依田 精一
徳本 正彦
書名ヨミ セキタン フキョウ ト チイキ シャカイ ノ ヘンヨウ
書名別名 Sekitan fukyo to chiiki shakai no hen'yo
出版元 法律文化社
刊行年月 1963
ページ数 287p
大きさ 21cm
NCID BN08864166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63006418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想