太平洋戦史の読み方

奥宮正武 著

太平洋戦争の史実をより正しく知るためには主要戦史をどう読むべきか。「実戦を体験した戦史家」による興味津々の戦史書批判。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 必要な予備知識(戦争とは?
  • 日本の戦争指導機構の特異性
  • 戦陣訓が与えた深刻な影響
  • 『戦史叢書』編纂時の事情)
  • 第2部 『戦史叢書』の問題点(緒戦の大勝の時期
  • 互角の作戦の時期
  • 防戦一方の時期
  • 絶望の戦いの時期)
  • 第3部 『失敗の本質』の問題点(日本軍の失敗から何を学ぶか
  • 失敗の事例研究
  • 失敗の本質-戦略・組織における日本軍の失敗の分析
  • 失敗の教訓-日本軍の失敗の本質と今日的課題)
  • 結び 戦史の総合的な読み方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太平洋戦史の読み方
著作者等 奥宮 正武
書名ヨミ タイヘイヨウ センシ ノ ヨミカタ
書名別名 Taiheiyo senshi no yomikata
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1993.3
ページ数 265p
大きさ 20cm
ISBN 4492210474
NCID BN08861248
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93028286
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想