思想としての死の準備 : いのち・ホスピス・ことば

吉本隆明 ほか著

日本人は「死」をどのように考え、どう生き、その時何を想い浮かべるのか。日本人の根源にある死生観を思想的に解明し、現代における良き死、良き看取りのあり方を模索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 死の概念の変遷(吉本隆明・山折哲雄)
  • 第2章 塊のケア(河合隼雄・山折哲雄)
  • 第3章 現代文明のなかの生と死(押田成人・山折哲雄)
  • 資料 脳死及び臓器移植に関する重要事項について(別添)意見書

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想としての死の準備 : いのち・ホスピス・ことば
著作者等 吉本 隆明
山折 哲雄
押田 成人
河合 隼雄
書名ヨミ シソウ ト シテノ シ ノ ジュンビ
出版元 三輪書店
刊行年月 1993.3
ページ数 191p
大きさ 20cm
ISBN 4895900142
NCID BN08859621
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93037032
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想