キーポイントベクトル解析

高木隆司 著

数学嫌いになる理由に、grad,divいとうような記号の頻出、またベクトルやテンソルという見慣れない言葉の羅列が挙げられる。それらがすべてまとめて納得できるように解説された便利な本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ベクトルとスカラーの違い
  • 2 ベクトルどうしの積の意味
  • 3 場の概念に慣れよう
  • 4 場の微分のとらえ方
  • 5 やさしい場の積分
  • 6 ガウスの定理がわかる
  • 7 ストークスの定理をつかむ
  • 8 テンソルとは何か
  • 9 曲率を考える理由

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キーポイントベクトル解析
著作者等 高木 隆司
書名ヨミ キー ポイント ベクトル カイセキ
書名別名 Ki pointo bekutoru kaiseki
シリーズ名 理工系数学のキーポイント 3
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.3
ページ数 150p
大きさ 21cm
ISBN 4000078631
NCID BN0885251X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93032732
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想