今鏡の周辺

山内益次郎 著

[目次]

  • 第1章 帝紀の周辺(崇徳院慰霊
  • 「末の世の賢王」二条天皇
  • 幼帝六条天皇<付>月読神社と伊岐氏
  • 「六条院宣旨私考」について)
  • 第2章 后妃伝の周辺(「諸大夫女」美福門院
  • 二代の后多子皇后
  • 八条院〓@51EB子内親王)
  • 第3章 列伝の周辺(「蜂飼大臣」藤原宗輔
  • 妙音院相国藤原師長
  • 「宰相老」源師頼
  • 「鞠足の公卿」藤原成通)
  • 第4章 素材・本文(信西の天文道
  • 「西公談抄」における西行の歌談
  • 地下楽人の登場
  • 隠逸詩人〓@5DAE康と今鏡
  • 中世初期の今鏡本文)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 今鏡の周辺
著作者等 山内 益次郎
書名ヨミ イマカガミ ノ シュウヘン
書名別名 Imakagami no shuhen
シリーズ名 今鏡 126
研究叢書 126
出版元 和泉書院
刊行年月 1993.2
ページ数 351p
大きさ 22cm
ISBN 4870885727
NCID BN08851084
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93031842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想