風景は生きた書物 : 体験的ヨーロッパ論

木村尚三郎 著

文明としての西欧はどのように形成され、またその多様性はどのような特色をもっているのだろうか。旅を通して人びとの日常に触れ、文明の重みを、そして日本人を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章. 日本の旅、ヨーロッパの旅
  • 第1章. 風景は生きた書物
  • 第2章. ヨーロッパ人とキリスト教
  • 第3章. 食事文化論
  • 第4章. ヨーロッパの男と女
  • 第5章. 変わりつつある社会意識

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風景は生きた書物 : 体験的ヨーロッパ論
著作者等 木村 尚三郎
書名ヨミ フウケイ ワ イキタ ショモツ
書名別名 Fukei wa ikita shomotsu
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1986.7
ページ数 215p
大きさ 16cm
ISBN 4122013437
NCID BN08846958
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86049687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想