大衆操作 : 宗教から戦争まで

ガース・S.ジャウエット, ビクトリア・オドンネル 共著 ; 松尾光晏 訳

<プロパガンダ>とは何か、<説得>とどう違うのか。現代のプロパガンダ研究の決定版。十字軍から湾岸戦争まで、さまざまな事例を通し、プロパガンダの理論と実務を包括的に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 プロパガンダとはなにか、説得とどう違うのか
  • 2章 プロパガンダの変遷
  • 3章 制度化されたプロパガンダ
  • 4章 プロパガンダと説得の検討
  • 5章 プロパガンダと心理戦争
  • 6章 プロパガンダ分析の方法
  • 7章 実際のプロパガンダ-三つの事例研究
  • 8章 プロパガンダは現代社会でどう働くか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大衆操作 : 宗教から戦争まで
著作者等 Jowett, Garth
O'Donnell, Victoria
松尾 光晏
Jowett Garth S.
オドンネル ビクトリア
ジャウエット ガース・S.
書名ヨミ タイシュウ ソウサ
書名別名 Propaganda and persuasion. 2nd ed
出版元 ジャパン・タイムズ
刊行年月 1993.3
ページ数 385p
大きさ 20cm
ISBN 4789006743
NCID BN08844395
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93041748
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想