現代芸術の出発 : バタイユのマネ論をめぐって

ユセフ・イシャグプール 著 ; 川俣晃自 訳

マネに絵画芸術の根本的な転換点をみるバタイユの思考に基づき、従来の西欧絵画が基本とした宗教的・歴史的・人文主義的な「テキスト」を否定するマネとスーラから真の芸術が出発することを論証するとともに、現代の技術的な映像の氾濫とその繁栄の幻想を批判。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代芸術の出発
  • 付録 スーラ-分光色素の純粋性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代芸術の出発 : バタイユのマネ論をめぐって
著作者等 Ishaghpour, Youssef
川俣 晃自
イシャグプール ユセフ
書名ヨミ ゲンダイ ゲイジュツ ノ シュッパツ
書名別名 Aux origines de l'art moderne
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 395
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1993.3
ページ数 164p
大きさ 20cm
ISBN 458800395X
NCID BN08835383
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93037689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想