新しい住まい方-住居学

斉藤外二 著

[目次]

  • 目次
  • 序論
  • 1 住居学の意義と目的 / p10
  • 1.1 生活科学の一分野としての住居学 / p10
  • 1.2 住まい生活の本質としての住まい行為 / p12
  • 1.3 住居成立の要素と住居計画の総合基準 / p16
  • 1.4 住まいの意義と住居学 / p20
  • 2 現代における住まい生活の方向 / p22
  • 2.1 職場と住居の分離 / p22
  • 2.2 単純家族化 / p23
  • 2.3 プライヴァシーの尊重 / p23
  • 2.4 家事労働の能率化 / p23
  • 2.5 住まい生活の慰楽的方向 / p24
  • 2.6 住まい生活の組織化 / p25
  • 2.7 住まいの都市化,社会的方向 / p27
  • 総論
  • 1 住居の環境機能構成 / p48
  • 1.1 住まい生活の環境:1 / p48
  • 1.2 住まい生活の環境:2 / p50
  • 1.3 敷地の広さと形状 / p54
  • 1.4 住居気候の調節 / p60
  • 1.5 住居気候の構成 / p69
  • 1.6 換気および通風 / p92
  • 1.7 自然採光および[人工]照明 / p103
  • 1.8 防音 / p119
  • 2 住居の空間機能構成 / p123
  • 2.1 住まい建築の合理的構造計画 / p123
  • 2.2 住居の防災と住宅管理 / p138
  • 2.3 能率を主とした住居の平面計画に関する問題点 / p146
  • 3 住居の審美的機能構成 / p167
  • 3.1 住居の外装と外観美 / p168
  • 3.2 住居の内装と室内美 / p171
  • 各論
  • 1 一般住宅 / p194
  • 1.1 社会的空間 / p194
  • 1.2 個人的空間 / p206
  • 1.3 労働空間 / p213
  • 1.4 衛生空間 / p226
  • 1.5 収納空間 / p234
  • 2 農村住居 / p239
  • 2.1 農村住居と自然条件 / p239
  • 2.2 農村住居と社会的条件 / p240
  • 2.3 農村住宅の改革 / p241
  • 2.4 農村の社会的施設 / p243
  • 3 寒地住居 / p244
  • 3.1 寒地の意義と生活 / p244
  • 3.2 寒地の住居と暖房 / p244
  • 3.3 積雪寒冷地の生活と住居 / p246
  • 付1 住居の経済 / p248
  • 付2 住宅政策 / p251

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新しい住まい方-住居学
著作者等 斉藤 外二
書名ヨミ アタラシイ スマイカタ ジュウキョガク
書名別名 Atarashii sumaikata jukyogaku
出版元 彰国社
刊行年月 1968
版表示 第2版
ページ数 253p
大きさ 22cm
ISBN 4395000487
NCID BN04294350
BN0883461X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68006401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想