永井荷風

磯田光一 著

「人間は互に不可解の孤立に過ぎない」-。矯激な個人主義に徹した"近代人"永井荷風。文献の博渉、尖鋭な地誌的考察を踏まえた斬新な手法。"磯田美学"をみずから乗り越えた著者の最高の達成。第1回サントリー学芸賞受賞の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 父と子と
  • 第2章 もう一つの西洋
  • 第3章 隅田川考
  • 第4章 冷笑の構造
  • 第5章 『腕くらべ』の新橋
  • 第6章 駒代とはだれか
  • 第7章 偏奇館の雨
  • 第8章 銀座復興
  • 第9章 〓東の秋
  • 第10章 偏奇館炎上
  • 第11章 ああ戦後…

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 永井荷風
著作者等 磯田 光一
書名ヨミ ナガイ カフウ
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 1989.1
ページ数 388p
大きさ 16cm
ISBN 4061960342
NCID BN08834063
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89016937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想