トマス・ジェファソンと「自由の帝国」の理念 : アメリカ合衆国建国史序説

明石紀雄 著

本書は、厖大な史料に拠りながらジェファソンの生涯と思想形成をたどりつつ、彼の歴史的役割と今日的意義を再評価した、わが国初めてのジェファソンの全体像に迫る本格的研究である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「自由の帝国」
  • 第1部 理論(啓蒙主義
  • 田園主義
  • 共和主義)第2部(アメリカ独立宣言
  • 法改訂
  • ヴァージニア信教自由法
  • フランスのジェファソン
  • ケンタッキー決議
  • 「1800年の革命」
  • ルイジアナ購入
  • バー裁判
  • 出港禁止法
  • ミズーリ論争
  • ヴァージニア大学)
  • 終章 ジェファソンの今日的意義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トマス・ジェファソンと「自由の帝国」の理念 : アメリカ合衆国建国史序説
著作者等 明石 紀雄
書名ヨミ トマス ジェファソン ト ジユウ ノ テイコク ノ リネン
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1993.3
ページ数 573, 47p
大きさ 22cm
ISBN 4623022897
NCID BN08822020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93031056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想