鍵盤を駆ける手 : 社会学者による現象学的ジャズ・ピアノ入門

D.サドナウ 著 ; 徳丸吉彦 ほか訳

社会学から出てより広い学際的方法へと発展しつつあるエスノメソドロジーの鬼才が、自らジャズ・ピアノに入門して、人間の行為の中で最も言語化しにくい身体技法の習熟の過程、即興的な芸と手練の獲得の過程を克明に内省し、記述した稀有の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 事始め
  • 2 響きを求める
  • 3 ジャズを求める
  • 付録(座談会『サドナウはこう読む』 山下洋輔・相倉久人
  • 用語と概要
  • 『鍵盤を駆ける手』と民族音楽学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鍵盤を駆ける手 : 社会学者による現象学的ジャズ・ピアノ入門
著作者等 Sudnow, David
卜田 隆嗣
徳丸 吉彦
村田 公一
サドナウ D.
書名ヨミ ケンバン オ カケル テ
書名別名 Way of the hand
出版元 新曜社
刊行年月 1993.2
ページ数 264p
大きさ 22cm
ISBN 4788504375
NCID BN0881442X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93024664
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想