昭和金融恐慌史

高橋亀吉, 森垣淑 著

日本中の銀行が預金取付の大津波に襲われ、異例の支払猶予令が断行された昭和金融恐慌。東京渡辺銀行などの倒産、破産が続出し、休業銀行の多くは預金の4〜5割を切捨てた。この大異変の背景には銀行の前近代性と、熱狂的投機ブームの反動で膨れた莫大な不良債権があった。在野の経済評論家として名高い高橋亀吉を主執筆者とし、金融恐慌の原因と実態を豊富なデータを駆使して解明した注目の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 昭和2年金融恐慌の基因(金融恐慌の基因としての銀行制度の前近代性
  • 昭和2年金融恐慌の基因の累積
  • 関東大震災以降の財界の打撃の累積
  • 休戦9年反動以降の企業、銀行の打撃の累加)
  • 第2部 昭和2年金融恐慌の誘因と推移(昭和金融恐慌の誘発
  • 昭和金融恐慌の勃発と経過
  • 昭和金融恐慌の善後処置)
  • 第3部 昭和金融恐慌のわが国経済に及ぼした影響とその歴史的意義(金融構造および金融市場に及ぼした影響
  • 昭和金融恐慌の真因とその歴史的意義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和金融恐慌史
著作者等 森垣 淑
高橋 亀吉
書名ヨミ ショウワ キンユウ キョウコウシ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1993.3
ページ数 332p
大きさ 15cm
ISBN 4061590669
NCID BN08807355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93028490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想