隠された思考

佐伯啓思 著

貨幣論なき貨幣経済が支配し、自由論なき自由主義、個人論なき個人主義が標傍される現代社会。そのなかで、さまざまな<技術>と<遊び>の<演技する知識>だけが饗宴をくりひろげているのが、ポストモダンの知の風景である。本書は、その饗宴の向こう側へ旅立つべく、知識論と社会論の交差する地点に、現代社会の<隠された思考>を浮かびあがらせんとする力作論考である。サントリー学芸賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 <演技する知識>と<解釈する知識>
  • 第1章 大衆社会の記号論-セミオクラシーとセミオシス
  • 第2章 ルードゥスとしての経済-公正観念について
  • 第3章 貨幣のメタフィジックス-貨幣経済の神話
  • 第4章 計画のコスモロジー
  • 第5章 自由のデマーケーション
  • 第6章 <方法>への懐疑

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 隠された思考
著作者等 佐伯 啓思
書名ヨミ カクサレタ シコウ
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1993.3
ページ数 312p
大きさ 15cm
ISBN 4480080503
NCID BN08801144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93047378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想