いかなる手段をとろうとも

マルコムX 著 ; ジョージ・ブレイトマン 編 ; 長田衛 訳

マルコムXとは何者か。暗殺される直前一年間の演説、手紙、インタビューを収録。30年を経て、今なぜ彼の言葉がアメリカを震撼させるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 まず黒人の連帯を
  • 第2章 私は血に飢えているのではない
  • 第3章 OAAUの基本方針と目的
  • 第4章 ハーレムと政治機構
  • 第5章 黒人問題の国際化を
  • 第6章 この世界を拒絶して
  • 第7章 非暴力は敵を助ける
  • 第8章 知性的なコンゴ人
  • 第9章 コンゴ侵略を告発する
  • 第10章 ブラック・ナショナリズム
  • 第11章 アフリカの兄弟と連帯を!
  • 第12章 残された言葉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いかなる手段をとろうとも
著作者等 Breitman, George
Malcolm X
X, Malcolm
長田 衛
ブレイトマン ジョージ
マルコム・X
書名ヨミ イカナル シュダン オ トロウトモ
書名別名 A merit book

Ikanaru shudan o torotomo
出版元 現代書館
刊行年月 1993.1
版表示 第2版.
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 4768466176
NCID BN0877747X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93022857
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想