会計学研究

安藤英義, 新田忠誓 編著

[目次]

  • 1 会計と統計の間-統計と区別される会計の本質
  • 2 ヘッジ取引の財務諸表表示法について
  • 3 二つの売上原価間接把握法
  • 4 静態論の現代的意義
  • 5 ドイツ商法の引当金規定と貸借対照表観-費用性引当金概念の拡大をめぐって
  • 6 資本概念と会計主体観
  • 7 新株引受権付社積と転換社債の発行者側の会計処理の諸問題
  • 8 シュマーレンバッハ学説における財貨的思考と貨幣的思考-旧版から新版への展開の一つの解釈
  • 9 費用収益対応の原則の意義
  • 10 運動貸借対照表論における表示区分-表示指向型の思考基盤の検討
  • 11 実体資本維持と時点利益
  • 12 チェンバース理論における利益計算-二つの損益計算書の比較を中心にして
  • 13 企業会計の現実主体思考と記号主体思考-ドイツ資金会計論を中心として
  • 14 簿記の自己完結性
  • 15 カレント・コスト会計の本質的意義-エドワーズ・ベル学説を手がかりにして
  • 16 リース資産化と損益計算
  • 17 Methode und Aufgabe der Ermittlung der Grunds¨atze ordnung sm¨assiger Buchf¨uhrung(正規の簿記の諸原則抽出の方法とその課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会計学研究
著作者等 万代 勝信
五十嵐 邦正
佐々木 隆志
原 俊雄
吉田 威
壹岐 芳弘
安藤 英義
小宮山 賢
新田 忠誓
村田 英治
松浦 良行
森田 哲弥
泉 宏之
瓶子 長幸
角ヶ谷 典幸
齋藤 真哉
松本 寛
森田哲彌先生還暦記念論文集刊行委員会
秋葉 国利
書名ヨミ カイケイガク ケンキュウ
書名別名 Kaikeigaku kenkyu
出版元 中央経済社
刊行年月 1993.2
ページ数 307p
大きさ 22cm
ISBN 4502126233
NCID BN08775689
BN08988500
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93025631
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想