南極観測事始め : 白い大陸に科学の光を

永田武 著

日本の南極観測に多大な貢献と足跡を残した科学者・永田武が、深い情熱とつねに冷静な広い視野に立って、白い大陸に科学の光を当てるべく述べた好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 国際地球観測年会議から帰って
  • 汎世界的な国際地球観測年
  • 南極地域予備観測隊の出発の年の始めに
  • 南極予備観測の年
  • 国際地企観測年と日本
  • 某月某日
  • 乗鞍訓練(談)
  • 感激に眼がうるむ
  • 南極観測計画の現況
  • 観測隊の計画(談)
  • スコット研究所を訪ねて〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南極観測事始め : 白い大陸に科学の光を
著作者等 永田 武
書名ヨミ ナンキョク カンソク コトハジメ
シリーズ名 光風社選書
出版元 光風社
刊行年月 1992.12
ページ数 310p
大きさ 19cm
ISBN 4875190239
NCID BN08769799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94023411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想