日本的流通の経済学 : 参入・規制メカニズムの解明

有賀健 編著

効率的だが新規参入には閉鎖的。系列、返品制など複雑・多様な日本的商慣行の功罪を明らかにし、より開放的・競争的な流通システムの構築を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本の流通システム(商人と国家-経済の皮膜と政治の内部
  • 流通機構の経済学
  • 流通経路と競争緩和
  • 小売店の経済学)
  • 第2部 流通システムの実態分析(小売の論理-加工食品を中心に
  • インセンティブシステム-大衆薬を中心に
  • 流通系列化の論理
  • 慣性のシステムからの脱却)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本的流通の経済学 : 参入・規制メカニズムの解明
著作者等 有賀 健
書名ヨミ ニホンテキ リュウツウ ノ ケイザイガク
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1993.2
ページ数 278p
大きさ 20cm
ISBN 453213031X
NCID BN08768107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93026005
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想