社会学とは何か : 社会と人間

今井時郎, 松浦孝作, 関敬吾 共編

[目次]

  • 目次
  • 序にかえて
  • 第一章 社会学者は人間をどう見るか-パースナリティについて- / p1
  • 一、パースナリティとは何か / p1
  • 二、パースナリティの素質面 / p3
  • 1 気質
  • 2 無意識の動き
  • 三、パースナリティの社会性 / p12
  • 1 社会的契機の曖昧さ
  • 2 社会的パースナリティの心理的類型付け
  • 3 家族におけるパースナリティの形式その他
  • 4 パースナリティ形成と社会的性格
  • 第二章 社会学者は社会をどう見るか / p35
  • 一、近代社会以前の諸問題(原始社会について) / p35
  • 二、集団生活の諸問題 / p45
  • 1 社会及び社会集団について
  • 2 家族について
  • 家族の槪念
  • 家族の形態
  • 家族の機能
  • 相続制度、同族、親族、氏族、わが国家族の特質
  • わが国家族の特質
  • 近代家族の諸問題
  • 3 村落について
  • 村落
  • 村落の類型
  • 村落の構造
  • 近隣集団
  • 村落共同体
  • 諸集団
  • 4 都市について
  • 都市の発達
  • 都市化の過程
  • 都市の社会構造
  • 都市社会の諸問題
  • 5 職業及び職業集団について
  • 職業の意味
  • 種々の職業集団
  • 日本における職業集団の特質
  • 6 階級及び階層について
  • 階級
  • 階層
  • 階級意識と階層区分の対応関係の拡充
  • 7 国家について
  • 第三章 社会学者は現代の諸問題をどう見るか / p124
  • 一、社会変動について / p124
  • 1 古典的社会変動論
  • 2 唯物史観
  • 3 オグバーンの「社会変化」論
  • 4 ソロキンの社会移動
  • 二、反社会的行動について / p135
  • 1 人間の社会的構造
  • 2 社会移動及び文化の衝突と反社会的行動
  • 三、イデオロギーについて / p145
  • 1 唯物史観のイデオロギー論
  • 2 マンハイムのイデオロギー論
  • 3 デュルケイムの認識社会学
  • 四、社会計画について / p159
  • 1 社会計画の概念
  • 2 社会目的論の諸問題
  • 3 社会技術論の諸問題
  • 第四章 社会調査の方法と技術 / p173
  • 一、何のための社会調査か / p173
  • 二、調査結果が科学性を持つためにはどんな準備作業が必要か / p179
  • 1 作業仮説の設定
  • 2 調査対象の選定
  • 3 調査組織と人員
  • 4 予備調査
  • 三、データの蒐集はどう行うか / p188
  • 1 調査対象との接触
  • 2 文献調査
  • 3 人間生態学的地図の作成
  • 4 観察
  • 四、データの蒐集はどう行うか(続き) / p195
  • 5 調査票および質問紙
  • 6 面接
  • 五、データはどう整理するか / p205
  • 1 内容検査
  • 2 コーディング
  • 3 集計・製表
  • 4 分析および一般化
  • 六、初步的な統計知識 / p212
  • 1 標本の大きさの決定
  • 2 平均の差の決定
  • 3 X²テスト
  • 4 相関係数の検定

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 社会学とは何か : 社会と人間
著作者等 今井 時郎
松浦 孝作
関 敬吾
書名ヨミ シャカイガク トワ ナニカ : シャカイ ト ニンゲン
出版元 誠文堂新光社
刊行年月 1954
ページ数 231p
大きさ 19cm
NCID BN08754113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54003911
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想