教育系のための数学概説

吾妻一興 ほか共著

本書は主に、小学校の教員を志す学生を対象として書かれた。内容としてはまず、数の理論を理解する上で重要な、数の歴史と数式の基礎的事柄を解説し、次に算数の授業を行う者に要求される、数量や図形の基礎について説明した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 数の歴史と命題
  • 第2章 数
  • 第3章 曲線の分類
  • 第4章 円周率と面積・体積
  • 第5章 資料の分析

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 数の歴史と命題
  • 第2章 数
  • 第3章 曲線の分類
  • 第4章 円周率と面積・体積
  • 第5章 資料の分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育系のための数学概説
著作者等 吾妻 一興
武元 英夫
長 宗雄
松本 紘司
書名ヨミ キョウイクケイ ノ タメノ スウガク ガイセツ
書名別名 Kyoikukei no tameno sugaku gaisetsu
出版元 培風館
刊行年月 1993.2
ページ数 174p
大きさ 21cm
ISBN 4563002232
NCID BN0875302X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93023027
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想