日教組と革命

里見岸雄 著

[目次]

  • 目次
  • 本文に入るに先立つて / p1
  • 前篇 日敎祖の解剖 / p1
  • 1勞働組合としての日敎組 / p3
  • 2日敎組內の共產黨グループ / p14
  • 3共產黨の指令 / p18
  • 4日敎組グループの政治活動 / p21
  • 5日敎組は反省したか / p46
  • 6日敎組の敎育實例【その一 旭丘中學校事件に見る・その二各地の實例・その三リアリズム敎育】 / p56
  • 中篇 『敎師の倫理綱領』批判 / p77
  • 1日敎組第九回大會の決定 / p79
  • 2綱領はなぜ作つたか / p83
  • 3「日本社會の課題」と唯物史觀 / p91
  • 4敎師は誰と鬪ふか / p93
  • 5敎師はどんな平和をまもるか / p103
  • 6科學的眞理に立つだけか / p110
  • 7侵害をゆるさぬ「敎育の自由」 / p114
  • 8正しい政治とは何か / p118
  • 9敎師自らの頽廢はどうするのか / p121
  • 10勞働者と「敎師」及び「先生」 / p125
  • 11亂鬪でまもる生活權 / p134
  • 12萬國の勞働者團結せよ / p144
  • 後篇 日敎組の解體 / p147
  • 1最大の危險は日敎祖の敎育鬪爭である / p149
  • 2國民は敎師に敎育赤化の自由を許さない / p157
  • 3日敎組解體への國民的蹶起 / p161
  • 4所謂PTAの改廢 / p164
  • 5 敎育委員會 / p169
  • 6唯、良識ある敎員の奮起を待つ / p171
  • 7日敎組幹部の追放 / p177
  • 8憲法と敎育諸法の改正 / p179
  • 9參考 【その一 敎育二法及び政令・その二 文部事務次官通達・その三 日敎組を脱退した下關敎職員團體の聲明文】 / p196

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日教組と革命
著作者等 里見 岸雄
書名ヨミ ニッキョウソ ト カクメイ
書名別名 Nikkyoso to kakumei
出版元 北辰社
刊行年月 1954
ページ数 210p
大きさ 19cm
NCID BN08750189
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55000132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想