現代レファレンス・サービスの諸相

三浦逸雄, 朝比奈大作 編

図書館資源の利用を担う主要な機能の一つであるレファレンス・サービスは、図書館員による人的援助にその本質が求められる非定型的で、目に見えない要求を多く含んだサービスである。近年ますます多面的な様相を見せ始めた、このレファレンス・サービスについて東京大学大学院教育学研究科出身の13名の研究者が、教育、歴史・理論、実践の三つの面から論及、様々な問題を提起する論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 教育(大学における図書館学教育と主題専門性
  • レファレンス・ライブラリアンの教育
  • レファレンス・サービスの演習教育-テキストの比較分析に基づく研究
  • 図書館のコンピュータ化とデータベース教育)
  • 2 歴史・理論(わが国の大学図書館におけるレファレンス・サービスの発展
  • 志智嘉九郎『レファレンス・ワーク』の意義
  • レファレンス・プロセスと利用者指向検索システム
  • 情報と記号-情報利用研究に向けた準拠枠の再構築
  • 作品とテクスト-書誌コントロールの対象について)
  • 3 実践(人文系研究に対する図書館および図書館員によるサービスについての考察
  • 児童図書情報探索トゥールのアクセシビリティに関する一考察
  • 大学図書館におけるレファレンス・コレクション形成方針
  • PLR<Public Lending Right>の現状-イギリスの実施方式を中心として)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代レファレンス・サービスの諸相
著作者等 三浦 逸雄
朝比奈 大作
書名ヨミ ゲンダイ レファレンス サービス ノ ショソウ
出版元 日外アソシエーツ
刊行年月 1993.3
ページ数 312p
大きさ 22cm
ISBN 4816911685
NCID BN08742384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93030887
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想