信長と伊勢・伊賀 : 三重戦国物語

横山高治 著

織田信長の「天下布武」を軸に、政治・軍事的な戦略の要地であった伊勢・伊賀を舞台に活躍した伊勢国司北畠具教、志摩水軍九鬼嘉隆、蒲生氏郷、藤堂高虎ほか、戦国武士団の興亡を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 群雄風にそよぐ
  • 第2章 乱世に翔ぶ
  • 第3章 覇王の道
  • 第4章 抗戦血風の山河
  • 第5章 春草の夢

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信長と伊勢・伊賀 : 三重戦国物語
著作者等 横山 高治
書名ヨミ ノブナガ ト イセ イガ
書名別名 Nobunaga to ise iga
出版元 創元社
刊行年月 1992.4
ページ数 210p
大きさ 19cm
ISBN 4422204629
NCID BN08725953
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92040184
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想