印欧語の故郷を探る

風間喜代三 著

インド・ヨーロッパ(印欧)祖語の話し手たちはいつどこに生活し、どんな文化をもっていたのか。この先史時代の謎は言語学者はもとより民族学や考古学の分野の人びとをも把えてはなさない。印欧比較言語学の第一人者が「故郷問題」をめぐって展開した学問とロマンと政治の熱いせめぎあいを興味ぶかい研究史として語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 印欧語の故郷の探求-「ぶな」と「鮭」をめぐって
  • 第2章 南東ヨーロッパ説をめぐるナチス時代の確執-ゲルマン派対反ゲルマン派
  • 第3章 考古学からの新しい提案-クルガン文化と近東説をめぐって
  • 第4章 方法論的な反省-接触と移動の痕跡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 印欧語の故郷を探る
著作者等 風間 喜代三
書名ヨミ インオウゴ ノ コキョウ オ サグル
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.4
ページ数 211p
大きさ 18cm
ISBN 4004302692
NCID BN08721748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93066204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想