婚外子の社会学

善積京子 著

日本の婚外出生の実相に迫り、さらにヨーロッパの婚姻制度の歴史における婚外子差別とその解放への論理展開を分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 婚外子研究の個人史
  • 1 婚外子の出生(婚外出生に関する分析枠組
  • 諸外国の婚外子
  • 日本の婚外出生の歴史的変遷
  • 婚外出生の事例研究)
  • 2 婚外子の地位の変遷-ヨーロッパの婚姻制度を通じて(婚外子差別の相対化の視点
  • 中世時代
  • 宗教改革および近代国家の形成
  • 近代社会と子どもの人権
  • ポスト・モダン社会
  • 婚外子の差別と解放の論理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 婚外子の社会学
著作者等 善積 京子
書名ヨミ コンガイシ ノ シャカイガク
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1993.3
ページ数 271p
大きさ 19cm
ISBN 4790704491
NCID BN08715858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93027193
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想